今日のMLB試合結果!選手の成績を見るのが好きな管理人のブログ

メジャーリーグが大好きな管理人が、試合結果の感想やコラムなどを書くブログです!
 

2013年10月01日

ホセ・フェルナンデス 12勝6敗 防御率2.19 投球回172回2/3 奪三振187 被安打111 与四球58

WS000003.JPG

2013年はマイアミ・マーリンズのホセ・フェルナンデスがメジャーリーグの
長い歴史でも有数のルーキーシーズンを過ごしましたね!

WHIPは見事に1.0を割り、奪三振率も9を超え、防御率も2点台前半
でナ・リーグ全体で2位、勝利数も二桁(12勝)と非の打ち所がありません!

新人王もほぼ手中に収めたと思って良いでしょう!
なんたってサイヤング賞投票ですら票を集められるクラスの成績なのですから!

選手の特徴としては、95マイルを軽々オーバーするストレートに加え、打者の
手前でエグイ変化を見せるカーブやスライダーなどの変化球も兼ね備えた完成度
をもちつつ抜群のマウンド度胸も備えています。

キューバ亡命に比べれば、命を奪われるわけではないマウンドなど屁でもない、
といったところでしょうかね!


(YouTube: Jose Fernandez 2013 Highlights)


今シーズンは先発陣に故障者が続出した球団の事情により、20歳という若さで
開幕ロースターに入りメジャーデビューを果たすと、そのチャンスを活かして
あれよあれよという間にスターダムへと駆け上がりました。

シーズン途中では2試合連続で13奪三振以上(7月29日13奪三振、8月3日
14奪三振)を記録するなど、総合的な成績のみならず潜在的なポテンシャルと
いう点でも圧倒的なインパクトを残してくれました。

9月12日の最終登板でも7回を1失点と危なげない勝利を収め、すでにメジャー
にも完全に適合してしまったかのような雰囲気を漂わせています。

管理人がメジャーリーグを見始めてから考えても、これほどの成績を収めた
ルーキーの投手となると早々思い当たるものではありません。

しかも、フェルナンデスはまだ若干21歳なのです!

今後、何年にも渡って活躍し、将来的には総額2億ドルクラスの契約を
獲得するような選手になるのでしょうか!?

20年後にはクーパースタウン(メジャー殿堂入り)に飾られるような
選手になるのでしょうか!?

これだけの才能を見せ付けられてしまうと、あれこれいろいろな想像を
して楽しまずにはいられません(^^)

来シーズン2014年は研究されて勝負の年となるかもしれませんが、
ぜひとも2年目のジンクスを跳ね除けて大きな大きな選手になって
ほしいと願います!





posted by はなすけ at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

マリアーノ・リベラ 6勝2敗44セーブ 防御率2.11 64回 被安打58 与四死球10 奪三振54



6勝2敗44セーブ 防御率2.11 64回 被安打58 
与四死球10 奪三振54

「これが本当に今季で引退する選手の成績か!?」

というのが正直な感想でしょう。

ニューヨーク・ヤンキースの伝説的かつ絶対的なクローザーである
マリアーノ・リベラは最後まで圧倒的な輝きを放ったままユニフォームを
脱ぎます。

ハッキリ言って、「まだ辞めてほしくない!」というのが正直な感想です。

今期のヤンキースはロドリゲスやジーター、テシェ−ラという主力打者の
相次ぐ故障離脱や今まで絶対的エースだったCCサバシアなどの先発陣の
不調などからプレーオフを逃してしまいましたし、リベラのラストシーズンは
プレーオフ最多セーブ記録(42S!)をもつリベラらしくプレーオフの登板
で終えてほしいなあ!というのが本心です。

まあ、このまま圧倒的な力を誇示したまま衰えた姿を一切見せることなく
シーズン開幕前の言葉を守っての引退というのもそれはそれでリベラらしい
ので、ある種満足な結果とは言えるのかも知れませんけどね。



リベラの後継者と考えられているデービッド・ロバートソンも今期はそれに
ふさわしい活躍を見せてくれましたし、安心して世代交代はできるのかも
知れませんね。
(とはいえ、「リベラの後を継ぐ」ということの重圧は並大抵のものでは
ないと思いますが。。。ロバートソンには本当にがんばってほしいな!)

ちなみに、今シーズン一番ユニフォームが売れた選手はマット・ハービーや
ホセ・フェルナンデスといった期待の新星を抑えてリベラだったそうですね!

・メジャーリーグで唯一の「42」背番号である。
・来年以降はレギュラージャージが作られなくなる。
・引退シーズンの記念ユニフォームである。

といったさまざまな要素があるため、ある種当然の結果と言えそうです。

楽天でもすでに売り切れ続出みたいですね!

→本格派レプリカジャージMLB ヤンキース #42 マリアノ・リベラ

まだシーズンは終わっていませんが、とりあえずここで一言。

リベラ選手!本当にお疲れ様でした!

メジャーリーグをはじめて見るようになってから、ずっと圧倒的な
クローザーとしてはなすけのメジャーリーグの中心にいてくれました。

引退後もますますのご活躍を祈っております!


posted by はなすけ at 01:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

岩隈久志 14勝6敗 防御率2.66 投球回219回2/3 奪三振185

baseball_on_green_field_sjpg12535.jpg

マリナーズ岩隈の2年目のシーズンが終わりました!

終わってみればその成績は二桁勝利を軽く超える14勝に、現時点で
ア・リーグ3位につける防御率2.66、投球回も200回を軽く超え、
奪った奪三振も200近いという素晴らしいシーズンとなりました!

圧倒的エースであるフェリックス・ヘルナンデスの居るマリナーズでこそ
2番手ですが、他の多くのチームでエースを張れるだけの強烈な成績です!

今年だけで見れば、フェリックスをも上回る成績を収めましたし、現地での
評価もウナギ昇りだと聞きますv(^^)v

一時はペドロ・マルチネスのメジャー記録0.74をも超えるかと思われる
だけの数字を記録したWHIPについては、1.0をわずかに超える数字で
シーズンを終わりましたが、これって実はめちゃめちゃ凄いことですよ!

管理人の記憶によれば、年間1.0を切るWHIPを記録した先発はかなりの
確率でサイヤング賞を受賞していたように思いますし、少なくともサイヤング賞
でいくらかの票は集めていたと思います!

ということは、今年の岩隈はサイヤング賞のレースにも食い込んでくるかも!?

防御率以外のほとんど面でより優れた成績を残したタイガースのマックス・シャーザー
がいるため、サイヤング賞の受賞はほとんど期待出来ませんが、日本の一流
ピッチャーがメジャーでも大きな価値を持つことを改めて証明してくれました!

220回近い投球回を投げたことによる来年度への影響が少々心配ですが、
とりあえず今シーズンはお疲れさまでした!

毎回見ていて楽しいピッチングでした!ありがとう岩隈!

来年こそはフェリックスとのダブルエースでマリナーズをプレーオフに
導いて欲しい!


タグ:岩隈久志
posted by はなすけ at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月14日

上原浩治 67回2/3 4勝0敗19セーブ 防御率1.06 奪三振94 与四球9 WHIP0.56

レッドソックス.gif

名門ボストンレッドソックスのクローザーを務める上原浩治の
歴史的なピッチングが至る所で話題に上っていますね!

0点台を目前に控える防御率に加え、驚異的な奪三振率と与四球率、
WHIPの低さはまさに圧巻!
今年のメジャーリーグ全体と言わず、過去のメジャーリーグの歴史の
中でも有数の素晴らしいシーズンを送っています!

上原と言えば、日本球界の時代からもその圧倒的な安定感、とりわけ
コントロールの良さが有名でした!
ほとんど四球を(ボールすら)出さないので、上原の先発する試合は
とりわけ早く終了し、上原の投げる試合は試合終了後の特別映像が
良く流れていた印象があります(^^)

サイヤング賞が獲得出来るか!?となると、先発で圧倒的な好成績を
残しているマックス・シャーザーやダルビッシュ有がいるため、
恐らくは数人から票が入る程度かなとは思いますが、もし先発も中継ぎも
平等に評価するシステムがあるならば今シーズンの投手MVPとして表彰
されても全く違和感はありません。
とりわけ、クローザー転向後のピッチングは神の域に達している感が
あります。

思い返してみれば、巨人時代にクローザーを務めたときも圧倒的な
安定感がありました。
当時はマーク・クルーンが不在&先発として不調という要素が重なっての
クローザー起用でしたが、「上原が出たならもう安心」という雰囲気が
球場全体に流れていたように思います。
今の上原もまさにそんな感じでしょう!

本当に2013年のMLBは日本人投手が話題にのぼる年ですね!

ダルビッシュの完全試合未遂にスタートし、岩隈の驚異的なWHIPの話が
あったり、黒田の安定感がニューヨーカーに圧倒的な支持を得たり、
上原のメジャー記録の「41人連続アウト」の記録更新が大きな話題を
呼んでいたり、本当に日本のメジャーリーグファンにとっては大変
面白いシーズンだったと思います!

毎日飽きなかったなあ(^^)/

上原浩治の記録更新は、早ければ来週の初めにも達成されるでしょう!
願わくば、ダルビッシュの準完全試合のようなことにはならずに無事
達成されることを祈っています!


闘志力。―人間「上原浩治」から何を学ぶのか


タグ:上原浩治
posted by はなすけ at 19:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright (C) 2013 by 今日のMLB試合結果 All rights reserved